Now Loading...
INTERVIEW

インタビュー

企業同士の取引でも
大事なのは人。
人と人の気持ちのつながりが
あるからこそ、
ものを調達することができる。

Sさん
2019年入社 [新卒]/調達本部

現在所属している部署・課の社内での役割を教えてください。
電動工具を製造する際に欠かせない様々な部品を国内外から購入してくる部門です。いかに安く・安定して良品を調達するかがカギとなります。部品を納入していただく仕入れ先様と弊社設計や工場の方たちとの間に入り、様々な調整を行うのもまた調達の仕事となります。
現在担当している仕事内容について教えてください。
現在私は電動工具に使用する電子部品や電池を国内外より調達してくる仕事をしています。さわ工場へ納入する部品はもちろんの事、電池においては、海外工場に入るものについても数量や納期・価格などを海外工場のメンバーと連携しながらコントロールしています。日によっては、国内よりも海外の方とのやり取りが多いこともあります。
仕事のやりがいや面白さはなんですか。
基本的には海外(中国)とのやり取りがメインですので、必然的に使用言語も外国語となります。私の場合は中国語でやり取りをしていますが、社内・社外関わらず多くの方から頼りにしていただけるときにやりがいを感じます。会社対会社の仕事ではありますが、結局は人対人、相手が求めてくることに対して自分が応える、それを恩返しではないですが、同じ熱量で返してきてくれるような仕事ができたときに達成感や仕事の面白さを感じます。普段からできるだけ、相手が何を考えているか、どう思っているかを考えるようにしています。早く返信を求めている人には早く返す、1求められていることに対して1以上で返すなど。そのような仕事の仕方を評価してくれたのか、ある部品が足りなくて困っていた時、普段その部品を仕入れていないサプライヤーと話をしていたら、その部品余っているけどいる?と言われて調達することができました。ものを調達していますが、人と人の気持ちのつながりがあるからこそと感じます。
自身の成長を感じる時や、役立っている実感を得られる時はどんな時ですか。
現在丸2年が終わったところなのですが、1年前の自分はどのような姿であったかを都度振り返るようにしています。まだまだできない事もありますが、1年前の自分と比べてできるようになったことを思い浮かべると少しは成長できたかなという思いになります。入社前は何でもギリギリでやるタイプでしたが、今の仕事は何かあってからでは遅いので、まずそうなことを察知したら報連相する、早めに手配するようになりました。また、入社直後と比べて社内外の仕事の人脈は広がったと思います。その人脈を活かして他の社員が担当する他の取引先へ部品を供給できたり、足りない部材の供給を申し出ていただけたこともあったので、その時に少しは自分が役に立てたかなと感じることができています。
仕事での辛いことや大変なところはどんなところですか。
言葉の壁は今でも感じるところです。メールだけでなく電話等でもうまく伝えられない事がある時、悔しいなと思います。また、自分が正しいと思ってやったことが、結局遠回りになってしまったときは仕事の難しさを感じるとともに、悔しいなと思います。また、会社は学校とは違うので、分からない事があったら先輩に教えていただくことはできますが、必ずしもそれが100%正しいというわけではないですし、状況によって対応が変わることもあります。そのため教えていただいたことはもちろん、これまでの経験などを踏まえ、自分の頭で考えて行動しなければなりません。難しく大変なことではありますが、逆にそれは仕事の醍醐味だとも思います。
工機ホールディングスを選んだ理由はなんですか。
海外、特に中国や台湾と関わる仕事をしたかったからです。弊社は中国の現地法人や取引先が多いことを知り、自分の挑戦したかったこととマッチするのではないかと思い、選びました。配属は希望通りではありませんでしたが、今の仕事はやりがいを感じますし、面白いです。
休みの日はなにをされていますか。
週末は家事をしたり、茨城県内をプラプラしています。連休があると実家に帰省したり、旅行に行ったりしています。新型コロナ以前は弾丸で海外旅行に行ったりもしていました。
5年後自分はどうなっていたいですか。
特に社外(家族や友達、学生時代お世話になった先生など)の人たちに対して、自分が今どんなことをしていてそれがどんな風に役立っているのか、どのようなことを強みとしているのかという事について、胸を張って伝えられるようになりたいです。その心は、実は自分の周りには一般企業に勤めている人が少なく、ましてや電動工具というものからかけ離れている人たちばかりです。今までは自分が周りの人たちからパワーをもらってくる立場でした。そんな人たちに自分が頑張っていることを胸を張って伝えられたら、誰かの励みになるのではないかなと思っています。また、今よりももっと海外の方とスムーズにコミュニケーションが取れるようになっていたいです。現地の人から私に頼んでおけばなんとかなる、と思われるように頑張りたいと思っています。
工機ホールディングスへ就職を検討されている方へのメッセージ、アドバイスをお願いします。
もともと電動工具に興味がなかった私ですが、この会社に入ったことで今までとは違う視点を持つことができるようになったと思います。身近なことで言うと今まで行ったことのなかった作業着屋さんに行ってみたり、ホームセンターで電動工具のコーナーを見たり…言い出したらキリがないですが、他の仕事をしていたら目を向けなかったことにこの仕事を通して目を向けられていると思います。工機ホールディングスと聞いて、多くの方はどんな会社なのかイメージができないと思います。私もそうでした。また電動工具といわれても普段使わないので、なかなか興味がわかない方も多いかと思います。それでも自分がやってみたい事、興味・関心など、少しでも弊社と接点があったらうれしいです。それぞれ志望動機は異なると思いますが、その熱い思いをエントリーシートで、面接で自分の言葉で伝えてください。自分が考えている事、やってみたい事などをきちんと伝えられれば問題ないと思います。いつかお会いできる日を楽しみにしています。頑張ってください!!!!

その他インタビューOTHERS